省力化機械

インサート成形のテスト装置概要

 

インサート成形のテスト装置

業界初のインサート成形の自動化のテスト装置

インサート成形の自動化において、最も難しいのが金型へのインサート挿入です。
中でも横型の射出成型機でのインサート挿入は難易度が高く、自動化設備導入の最大のハードルとなっています。自動機メーカーも実際に製作してみないとその実現性については回答出来ないことが多く、見積依頼してもなかなか回答が得られないことが殆どです。

 

弊社では、多関節ロボットによる専用のテスト用設備を開発し、インサート挿入の実機検証サービスを行っています。インサートの金型挿入の技術的課題を事前検証することにより、成形の自動化ラインの設備導入後の失敗のリスクを回避し、低価格で生産性の高い自動化システムの導入を支援しています。

 

多関節ロボットによるインサート成形システム

【多関節ロボットによるインサート成形システム】
XYZ型の取出機と比べてより複雑な動きができるため、様々な形状のインサートの金型挿入が可能です。

ロボットビジョンによる掴みズレ補正でのインサート

インサート成形は、バリの発生を防ぐため、インサートと金型のクリアランスが狭くとってある場合が殆どです。そのため、ロボットの繰り返し精度だけではインサートがうまく挿入できないケースがあります。こういったケースにはロボットビジョンによる【掴みズレ補正】を行います。

ロボットビジョンによる掴みズレ補正

ワークを掴んだ状態で、ロボットビジョンにて掴んだワーク姿勢を補正することによって、より正確に金型へのインサートが可能になります。弊社ではワークに応じた解像度のロボットビジョンと照明環境を用意してありますので、様々なワークに合わせたインサート挿入が検証できます。

ロボットビジョンによる掴みズレ補正

あらゆるワークに対応した搬送用ハンド

あらゆるワークに対応した搬送ハンド

 

吸着、マグネット、チャック、非接触式パッドなど、あらゆる条件に対応したロボットハンドを準備しています。
また、ロボットには力覚センサが実装してあり、押し付け圧力なども感知させながらの金型挿入のテスト検証が可能です。

インサートの自動供給も同時検証

インサートの自動供給も同時検証

【ゲンコツロボットを使ったインサートの自動整列】
インサート品の自動供給はパーツフィーダーなどの専用機で姿勢を一定に保った状態でインサート装置に自動供給することがオーソドックスな手法ですが、弊社ではロボット+ロボットビジョンを使った自動整列を推奨しています。パーツフィーダーなどに比べ汎用性が高く、インサート品が変わった時の品種切り替えが容易にできるためです。

実際の金型でテストします。出張検証も可能です

実際の金型でテストします

実際の金型を弊社へ持ち込んでいただいて検証することも可能です。
また持ち込みが難しいお客様には、ロボットは移動式となっていますので出張検証サービスも可能です。
まずは一度ご相談ください。

 

こちらの動作サンプル動画をご覧ください。

 

本件に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
E-mail : sales@tsukuba-eng.co.jp

 

※サーバーの不具合により一定期間、記事が更新されない事象が発生しておりました。
[2018.4.10]

省力化機械.comは
筑波エンジニアリング株式会社が運営するサイトです。
 
筑波エンジニアリング株式会社
〒300-0331
茨城県稲敷郡阿見町阿見原5445-8
TEL : 029-840-2455
FAX : 029-840-2456
E-mail : sales@syouryokuka-kikai.com

ページの先頭へ